市民医療協議会と「がん対策」への取り組み
b0144534_1640849.jpg市民医療協議会は、市民・患者さん主体の医療を実現するために様々な活動を行っています。特にがん医療について、日本中どこにいても質の高い医療を受けられるよう、力を入れて取り組んでまいりました。

この度、2009年から3年間に渡り、地域発のがん対策を支援するプロジェクトが始動いたします。今回は、がん対策に対する市民医療協議会の取り組みの一部をご紹介いたします。

■インフラ支援:
・がん政策情報センター・ウェブページを開設し、がん対策に必要な情報を提供しています。
・がん対策に中心となって取り組む患者リーダー向けに、アドボカシー・ガイドブックを製作・配布しています。
・市民活動に不可欠のパソコンを無償提供いたしました。

b0144534_16385595.jpg■リーダー養成:
・患者会リーダーをはじめとする市民医療リーダーに共通する課題を共に解決していくために、ワークショップを企画、提供しました。(2008年)
・スイスのジュネーブで開催されたUICC(国際対がん連合)「世界がん会議」に患者代表をお連れし、世界のがん対策を学び、参加者と交流していただきました。

■アドボカシー支援:
・全国から、都道府県のがん対策推進協議会(およびそれに該当する会)の患者委員(患者やその家族・遺族など)をお招きし、「がん政策サミット」を実施。本年度も継続してまいります。
b0144534_16392365.jpgb0144534_16394011.jpg








■メディア掲載:
・「知っていますか?あなたの町のがん政策」 (2008/6/4NHK生活ホットモーニング)
・「がん対策推進計画 協議会の委員「患者の声反映」5割」 (2008/6/21日本経済新聞)
・「都道府県がん対策推進協議会の患者代表委員アンケートから 患者代表の意見取り込みに地域格差」(2008/8/26がんナビ)
・「がん政策サミットから 成果上げる官民連携 患者や家族の意見反映」 (2008/10/7、10/21宮崎日日新聞)他多数

■その他外部講演会など:
・「がん対策推進計画:地域から患者の声を発信しよう」
・「がん対策推進計画勉強会 がん対策推進計画って?」
・「がん対策基本法とがん対策~全国の格差と好事例」他多数

b0144534_16403189.jpg■関連情報
・がん政策情報センタースタッフ募集
・がん政策情報センターウェブサイト
・日本医療政策機構 市民医療協議会ウェブサイト
[PR]
by hpij | 2009-03-17 16:50 | 市民医療協議会関連
<< 第21回朝食会「医療政策は選挙... 日本の医療に関する2009年世論調査 >>