第6回医療政策クラークシップ「たばこ対策を考える」
「医療政策クラークシップ」(主催:日本医療政策機構、協力:東京大学医療政策人材養成講座)は、全国の医学生を対象とした医療政策立案プログラムです。第6回を迎える本年は、3月16日~3月27日までの2週間にわたり東京大学医学部を主な会場に開催されました。 全国から公募で選ばれた医学生19名を対象に 「たばこ対策」をテーマに実施されました。

プログラムの中で学生は、医療政策概論、医療政策と政治、問題解決手法やインタビュースキルなどに関する講義で基礎知識を習得。その上で、厚生労働省、財務省、経済産業省などの省庁担当者から、医師や研究者などの専門家、たばこ対策を行う団体やNPO、さらには公共交通機関、ホテル、製薬、たばこメーカーに至るまで、あらゆる関係者に対するインタビューを行い5チームに分かれて政策提言をまとめました。

3月27日(金)午前に審査を行い最優秀賞を決定、今回受賞した2チームは、3月27日(金)15時、禁煙推進議員連盟事務局長の石井みどり参議院議員を訪れ、政策提言を手渡しました。
b0144534_1871618.jpg

■最優秀政策提言
・「若年者に対する参加型たばこ教育実施案~孫が出来る頃、禁煙国家に変わる~」
・「声を集める。社会を変える。~スモーク・フリーな社会を目指して」


b0144534_10302636.jpgb0144534_10304464.jpg
b0144534_10324638.jpg b0144534_10144263.jpg
b0144534_10334169.jpgb0144534_10335162.jpg

(写真/上左より)
①石井みどり参議院議員に最優秀政策提言を手渡す学生チーム
②「たばこ対策の概論」オリエンテーション
③チーム毎のミーティング
④小宮山洋子衆議院議員による講演
⑤ファイザー株式会社でのレクチャー
⑥「プレゼンテーションスキル、インタビュースキル」レクチャー
⑦国会議事堂前で集合写真
-------------
第6回医療政策クラークシップ

■主催:
特定非営利活動法人 日本医療政策機構/協力:東京大学医療政策人材養成講座

■期間:
2009年3月16日(月)~3月27日(金)の2週間

■目的:
医学と政策の双方に通じ、医療政策の改善と改革に貢献できる人材を養成するため、2004年から開催。これまで「がん難民」などさまざまなテーマに学生自ら政策提言を取りまとめてきた。第6回目を迎える2009年は、たばこ値上げ議論や受動喫煙防止条例の取り組みなど世論の高まりを受け「たばこ対策」をテーマに取り組んだ。

■場所:
東京大学医学部キャンパスほか

■参加者:
全国から公募により選ばれた、全国10大学の医学部生約20名(東京大学、慶應義塾大学、北海道大学など)

■ご協力:
朝日新聞東京本社、NPO神奈川会議、禁煙推進議連(小宮山洋子衆院議員、石井みどり参院議員)、経済産業省、厚生労働省、国立がんセンター、財務省、スターバックスコーヒー株式会社、禁煙スタイル、日本経済新聞社、日本医師会、万有製薬株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、ファイザー株式会社、フィリップモリス ジャパン株式会社、McKinsey & Company, Inc. Japan、山梨まんまくらぶ、株式会社ロイヤルパークホテル
ほか(五十音順)

ご協力頂きました皆様に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
[PR]
by hpij | 2009-03-31 18:20 | 医療政策関連
<< 第2回 パーソナルヘルス・シ... 第21回朝食会「医療政策は選挙... >>